受験と受検の違いとは

受験というと、ほとんどの人が高校や大学受験を思い浮かべるのではないでしょうか。
受験という言葉、文字をみるだけでそれらを強く連想してしまいますよね。
ところが、もう一つ受検と書く言葉をご存じでしょうか。
読み方は同じく「じゅけん」です。

この二つの言葉の違いや、区別はどこにあるのでしょうか。
受験のほうが圧倒的に使用されている場合は多く、「じゅけん」といえばこちらの漢字を使用したり思い浮かべる人がほとんどでしょう。
しかし、少ないながらも受検という漢字が用いられている場合もあります。
この二つの漢字の使用目的の違いは、どのような理由から出てくるのでしょうか。

今回は、受験そのものの意味や内容から離れ、漢字が示す事柄に焦点を当てていきたいと思います。
言葉そのものが本来の意味で使われている場合や、地域性によるもの、普段あまり意識していなかったもの…などさまざまな発見や気づきがあります。
言葉の意味をたどれば、「じゅけん」と一口に言っても示すことの違いに発見も多いのではないでしょうか。

主に勉強や学習のことを指す言葉ではありますが、漢字表記の違いや意味を知ることで、どうして勉強しなければいけないのか…といった、意味や目的、目標を見出すことができるようになります。
今、何かに向かって勉強をしている人も、受験生まっただ中という人も、別の角度から受験や受検を見直してみることで、今取り組んでいる勉強に辛さや厳しさ以外のものを見出すことができるかもしれません。



◎関連情報
進学塾「湘南ゼミナール」は受験指導以外に留学プログラムなどもあります … 湘南ゼミナール 留学プログラム